広告

NFTと品【後編】/オンラインサロン西野亮廣エンタメ研究所 2021.03.27 投稿

2022年9月19日

※本ページはプロモーションが含まれています

NFTと品【後編】/オンラインサロン西野亮廣エンタメ研究所 2021.03.27 投稿

 

今回の記事は

オンラインサロン

西野亮廣エンタメ研究所で

西野亮廣さんが

2021年3月27日に投稿された記事を

転載しております。

 

※この記事の内容は許可を得て公開しております。

 

おはようございます。

 

おそらく呑んでいる時に記した

「タコ焼きは廃れない」

というメモが残されているのですが

 

まったく解読できないキングコング西野です。

 

#タコ焼きは廃れないらしい

 

さて、今日は

 

『NFTと品【後編】』

 

というテーマで

昨日のお話の続きをしたいと思います。

 

「NFTは面白いけど、ここには気をつけたいよね」

という話です。

 

『NFTと品【前編】』は こちら

 

 

本が転売されるたびに作家に転売料が入る!?

 

本題に入る前に……

 

昨日の記事のコメント欄に

 

「ブロックチェーンで、本の転売記録を

全員が共有(把握)できるようになることで

なぜ、本が転売されるたびに作家(出版社)にお金が入るの?」

 

という質問があったので、

先にそちらにお答えします。

 

答えはいたってシンプルで……

 

作家(出版社)が本を世に出す時に

 

「転売する際は、

売り上げの5%を転売料として

作家(出版社)に支払わなければならない」

 

という

ルールを組み込んでおく。

 

そうすれば

 

AさんがBさんに

『えんとつ町のプペル』を1000円で転売した時に

キンコン西野(幻冬舎)に50円が入り

 

BさんがCさんに

『えんとつ町のプペル』を800円で転売した時に

キンコン西野(幻冬舎)に40円が入る……

 

という流れを作ることが

技術的には実現可能ですよ、という話です。

 

「『えんとつ町のプペル』が

誰から誰に転売されたのか?

(えんとつ町のプペルは今、誰が持っているのか?)」

 

を皆で監視している状態なので、

「コッソリ転売」ができないんですね。

 

なので、転売の都度、

「転売料」が

大元に入るようにすることができます。

 

NFTは

ブロックチェーン技術を使って

「デジタルデータの【所有権】の数に制限をかけることを可能にした」

 

わけですが

 

たとえば

デジタル作品をNFT化する際には

 

それだけではなく

 

「この作品を転売する際は

大元に3%を転売料として支払うことね!いや、マジで!」

 

といったようなルールも取り決めることができます。

 

アート作品などの場合だと

「その作品の2次展開(グッズ展開)の権利はどうなるの?」

 

みたいなルールも

最初に決めておかなくちゃいけないかもしれませんね。

 

いずれにせよ

「転売されればされるほど、大元にチャリンチャリンと転売料が入る」

は技術的には実現可能です。

 

そんなこんなで本題です。

 

 

なぜ、今、NFTなのか?

 

NFTは

「オンラインゲーム」の世界では普通に扱われていて

 

よく聞くところでいうと

「ゲーム内のレアアイテムを実際に売る(換金する)」

というのがソレです。

 

ゲーム内のアイテムは

「デジタルデータ」なわけですが

 

「誰でも複製可能」だと

そこに価値は生まれません。

 

なので

「このアイテムは世界に3つしかないよ」

と数量を限定することで

 

価値を生んで

実際のお金で買われたりしています。

 

たとえば

『作る!えんとつ町』

というオンラインゲームがあったとしたら

 

自分が

「オンライン上のえんとつ町」に

建てた家や

 

自分が

「オンライン上のえんとつ町」に

持っている土地は

 

「その物件や土地が世界に一つしかない」

ということを

NFTで【証明】することができれば

 

オンライン上のえんとつ町に建てた家や

土地を販売することが可能です。

 

……とまぁ

 

オンラインゲームの世界では

数年前から普通にあったことなのですが

 

どういうわけか今年突然

その大波がやってきて

 

ツイートがNFTで高額落札されるわ

 

画像検索すると出てくる

デジタルアート作品に75億円の価値が付くわ

 

NBAは

オンライン上の

トレーディングカード(動画付き)ビジネスで

莫大な利益を得るわ……

 

お祭り騒ぎです。

 

なぜ、数年前からあったものが、

今年の頭にブレイクしたのでしょうか?

 

もし、自分の作品をNFT化するのであれば

ここの議論は大切にした方がイイと思っています。

 

「インフラが整った」

というのもあるでしょうが

 

僕個人的には

「世界中のお金持ちがNFTを投機対象として目をつけた」

というのが大きいと思っています。

 

要するに

買った時よりも高い値段で売る前提で買っている。

 

投機というのはギャンブルで

「確実に得をすること」が

約束されたものではありません。

 

よっぽどの目利きならまだしも、

 

買われやすい時期は

(投機チャンス、ウェーイ!の時期)

本当に価値のないものまで

買われてしまうことがあって

 

「売れると思って買ったのに、売れないじゃないか!」

という人が出てきてしまいます。

 

数年前の仮想通貨バブルの時のような。

 

しかも……

いろいろな人が

いろんなところでNFTの説明をしていて

 

「100円からでもNFTで作品を売れます!」

と言っている人がいたりするのですが

 

それは

(少なくとも現時点では)

現実的にはあり得ないと思っています。

 

NFTの管理には

(作品の持ち主を移行する時など)

「手数料」のようなものが発生して

今は、そこそこ高額です。

 

100円の作品を売ったところで

手数料の方が高くつくので

100円の作品を売る人はいません。

 

手数料のことを考えると

売買されるNFT作品は高額にならざるをえなくて

 

投機目的で買われてしまって

「売れると思って買ったのに、売れないじゃないか!」

と言われた日にゃ、大変です。

 

クリエイターが

自分の作品をNFTで出す場合には

そこは本当に気をつけた方がいいと思っています。

 

たとえば

『映画 えんとつ町のプペル』の

制作スタッフに共有するように作った

 

「Vコンテ(絵コンテを繋いだもの)に

製作総指揮の西野が

一人全役のアテレコをやった動画(デジタルデータ)」

 

をNFT化して販売すれば

そこそこ高値で売れると思うんです。

 

その時

『えんとつ町のプペル』や

『キングコング西野』の将来を見越して

投機目的として買う人もいます。

 

それ自体は何も悪くないのですが

『えんとつ町のプペル』や

『キングコング西野』の価値が下がれば

当然、売値が下がり、不満が発生します。

 

投機バブルの時期

(高値が付きやすい時期)は

この落差が大きくなる確率が高くなるので

 

ともすれば

「騙されたー!」という

マイナスの感情が生まれてしまい

それはクリエイターにとっては得ではありません。

 

一方で、投機目的などではなく

 

「友達が家に遊びに来た時に見せてあげたい」

とか

「自分で持っておきたい」

という気持ちってあるじゃないですか?

 

それは

「切手を集めている人」や

「部屋にフィギュアを飾っている人」

といったコレクターさん同じで

 

まわりの人間がどれだけ

「それに何の価値があるの?」

と言おうが

 

「私はこれが幸せなんです」

といった感じで

 

市場価値ではなくて

自分がモノサシになっているので

それだと誰も傷つかない。

  

「投機目的はNG!コレクター目的はOK!」

という話ではなくて

 

「今は投機バブルだから

お互いに『こういうものだよ』という

理解を深めた上で判断した方がいいよね」

 

という話です。

 

 

クリエイターとNFT

 

「いくらでも複製可能なハズのデジタルデータに価値を持たせる」

という

せっかく面白い革命を

錬金術のように使ってしまうのは勿体ない。

 

バンクシーが

(厳密に言うとバンクシーのファンが)

自身の作品を焼いてそれを動画に撮り

その動画データをNFT化して話題になりました。

 

バンクシーの作品は

「この作品をお前はどう考える?」

という壮大な質問なので

 

あの一件は

「NFTアートとは何か?」

を考えるキッカケとなり

バンクシーのブランド価値を上げたなぁと思っています。

 

#実際に世界中でニュースになったし

 

NFT大喜利の一つの答えであり

「バンクシー(バンクシーファン)らしいな」

とニヤリとしてしまいました。

 

クリエイター(サービス提供者)は

お客さんと長い付き合いになります。

 

なので

 

「儲けるか否か?」ではなくて「面白いか否か?」

 

でNFTと付き合った方が

長い目で見た時にプラスになると思うので

 

「買われやすい時期」の

NFTの取り扱いは

丁寧に進めた方がいいと思います。

 

でも、面白い未来ですね(^o^)

 

とりあえず

いくつかやってみて

 

また

「こんな感じだよー」というのを

ココで共有していきますねー(^o^)

 

現場から以上でーす。

 

 

西野亮廣が語るエンタメの未来

オンラインサロン 西野亮廣エンタメ研究所

https://salon.jp/nishino

 

西野亮廣エンタメ研究所 は、西野が考えるエンタメの未来や、現在手がけているプロジェクトを、まだ公開できない構想の段階から共有する、会員制オンラインサロンです。

西野亮廣が、エンタメを作っていく過程で得た学びや、考え方、直面した問題などを、「一番近くの席で見られるリアルタイム型のメイキング」みたいなものです。ベストセラー作家でもある西野が、サロン会員しか読めない記事を毎日投稿しており、読み物としてお楽しみいただけます。また、サロンの中でお仕事を依頼することもあるため、場合によってはクリエイターとして一緒に作るところから参加できることもあります。

※クライアントが絡む公開前のプロジェクトをたくさん抱えておりますので、サロンの内容は秘密厳守とさせていただきます。
上記ルールをお守り頂けない場合は法的処置をとらせていただくことがございます。ご容赦ください。

 

 

まだ読んでない方はこちらもどうぞ

 

はじめてでも出来るNFT/初心者さんへ仮想通貨の買い方からNFTのやり方まで3ステップで解説

 

初心者でも出来る「Coincheck(コインチェック)」の口座開設を3ステップで解説

 

 

Discord(ディスコード)とは?無料ではじめる方法/スマホでのやり方を解説

 

 

絵を描くAIアート「Midjourney(ミッドジャーニー)」のはじめかた

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

さとし

ゼロからできるブログ運営・X運用・仮想通貨の始め方を発信|さとしブログの運営と会社員している2児のパパ│会社員だけの人生でいい?→ブログとX運用に挑戦→ブログ最高月収10万→Xフォロワー1万人│一歩踏み出したいあなたのきっかけになりたい|40代でもできる!僕と一緒に挑戦と新しい体験をしよう!!