広告

どうすれば賢くお得にもらえる?リフォーム・リノベーションの大型補助金|住宅省エネ2024キャンペーン

※本ページはプロモーションが含まれています

    どうすれば賢くお得にもらえる?リフォーム・リノベーションの大型補助金|住宅省エネ2024キャンペーン アイキャッチ

     

     

    • 家のリフォームの補助金ってどんな工事でもらえるの?
    • なるべく多くの補助金をもらう方法ってある?
    • どうすれば賢くお得に家のリフォームができるの?

     

    いま住んでいる家をリフォームしたり、中古住宅をリノベーションしたり、理想の住まいづくりには多くのお金がかかりますよね?

    また、昨今の電気代の高騰などの対策として、光熱費を抑える省エネ機器へのリフォームや、窓の断熱リフォームなど、よりよいリフォームをするとなると、またお金がかかります・・・。

    そんな省エネリフォームや断熱リフォームを検討されている人に対して、国が最大200万円以上の補助金が受けられるリフォーム補助金制度を準備してくれています。

     

    今回は、キッチン・浴室・トイレのリフォーム・リノベーションの時、どうすれば賢くお得にもらえる?をテーマに、大型補助事業の「住宅省エネ2024キャンペーン」を徹底解説していきます!!

     

    こんな方におすすめ

    • 家の中を快適にする断熱リフォームを考えている人
    • いま使っているお風呂やキッチンが古くなったので新しくしたい人
    • 家のリフォーム、リノベーションを検討している人

     

    この記事を最後まで読むとできるようになったこと

    • 窓やドアの断熱リフォームで、どうすれば補助金をもらえるか?わかる
    • ユニットバスやシステムキッチンのリフォームで補助金をいくらもらえるか?わかる
    • どんなすれば賢くおトクに補助金をもらえるのか?わかる

     

    さとし
    さとし
    それでは、どうすれば賢くお得にもらえる?リフォーム・リノベーションの大型補助金|住宅省エネ2024キャンペーン、を解説していきますね!!

     

     

    住宅省エネ2024キャンペーンは3つの補助金を併用できる!!

     

     

    戸建・マンションにお住まいの人が対象で、家の断熱性や省エネ性を高めるリフォームをする時に、最大200万円の補助金を受けられる3つの補助金制度が国によって準備されています。

     

    リフォームの3つの補助金制度

    • 子育てエコホーム支援事業(子育てエコ)
    • 先進的窓リノベ2024事業(窓リノベ)
    • 給湯省エネ2024事業(給湯省エネ)

     

    この3つの補助金制度をまとめて「住宅省エネ2024キャンペーン」といいます。

    しかも、この3つの補助金制度は併用することもできます。

     

    まずは、それぞれがどういった補助事業なのか?くわしく解説していきますね。

     

    窓・玄関のリフォームをするなら

     

     

    先進的窓リノベ2024事業(窓リノベ)

     

    窓の断熱性能をアップする窓交換や、内窓の設置工事、その工事と同時に行うドア交換に補助金が出る制度です。

    性能とサイズによって定額で、補助額の合計が「5万円以上」になると補助金が最大で200万円までもらえます。

    3つの補助金制度のなかで、最も補助率がよい補助事業になります。

     

    \先進的窓リノベ事業について詳しく/

    こちらもCHECK

    最大200万円 知らないと損?窓・玄関ドアのリフォーム・リノベーションでもらえる大型補助金【2024年版】 アイキャッチ
    知らないと損?窓・玄関ドアのリフォーム・リノベーションでもらえる大型補助金|先進的窓リノベ2024事業

    リフォーム・リノベーションの時、断熱窓の補助金制度を活用して「省エネ性が高い断熱リフォーム・断熱リノベーションをする方法」を徹底解説

    続きを見る

     

    水まわりのリフォームをするなら

     

     

    子育てエコホーム支援事業(子育てエコホーム)

     

    住宅の省エネ性能をアップするリフォーム工事に補助金が出る制度です。

    対象工事ごとに決まっている補助額の合計が「5万円以上」になると補助金が最大で20万円(子育て世帯・若者夫婦世帯は最大で30万円)までもらえます。

    幅広いリフォーム工事に対して補助金がでるのが特徴です。

     

    \子育てエコホーム支援事業について詳しく/

    こちらもCHECK

    知らないと損?キッチン・浴室・トイレのリフォーム・リノベーションでもらえる大型補助金【2024年版】 アイキャッチ
    知らないと損?キッチン・浴室・トイレのリフォーム・リノベーションでもらえる大型補助金|子育てエコホーム

    ユニットバスやシステムキッチンにリフォーム・リノベーションする時、お得な補助金制度を活用して「家の断熱リフォーム・エコリフォーム」する方法を徹底解説

    続きを見る

     

    給湯器の取替え・交換をするなら

     

     

    給湯省エネ2024事業(給湯省エネ)

     

    条件を満たすエコキュートなどの高効率給湯器への交換に補助金が出る制度です。

    製品の機能・性能により定額で、例えば、電気温水器からエコキュートへ取り替える場合、最大で18万円の補助金がもらえます。

    実は、2023年度も同じ補助事業がありましたが補助金は「一律5万円」と安く、不人気の補助事業で予算があまって終わった経緯があったからか、今年は補助金が大幅アップされたことで、注目の補助事業となっています。

     

    \給湯省エネ事業について詳しく/

    こちらもCHECK

    知らないと損?エコキュートの買い替え・リフォームでもらえる大型補助金【2024年版】 アイキャッチ
    知らないと損?エコキュートの買い替え・リフォームでもらえる大型補助金|給湯省エネ2024事業

    給湯器が故障した時、リフォーム・リノベーションの時、給湯器の補助金制度を活用して「省エネ性が高い給湯器へお得に買い替えする方法」を徹底解説

    続きを見る

     

    住宅省エネ2024キャンペーンで賢くおトクに補助金をもらう方法

     

    結論、補助率の高い先進的窓リノベ2024を活用しよう!!

     

     

    住宅省エネ2024キャンペーンの3つの補助金制度は、それぞれを併用することができます。

    そのため、補助率の高い「先進的窓リノベ」の補助金を活用することが、賢くおトクに補助金をもらう方法のポイントになります。

     

    その① 窓リフォームの補助金は子育てエコホームで申請すると損

     

     

    「先進的窓リノベ」と「子育てエコホーム」は、どちらも窓リフォーム(窓交換や、内窓の設置工事)で補助金がもらえます。

     

    「先進的窓リノベ」と「子育てエコホーム」どっちが補助金が多い?

     

    先進的窓リノベの内窓設置の補助額

     

    子育てエコホームの内窓設置

    高い性能の場合(ZEH基準)でも、

    • 大(2.8㎡)34,000円
    • 中(1.6-2.8㎡未満)27,000円
    • 小(0.2-1.6㎡未満)22,000円

    の補助金となります。

     

    結論、「先進的窓リノベ」のほうが圧倒的に補助額が多いです。

    窓リフォームの補助金を「子育てエコホーム支援事業で申請すると損」なので、必ず「先進的窓リノベで申請する」ように注意しましょう。

     

    その② 子育てエコホームの申請条件を2万円以上へ下げる2つの方法

     

    「先進的窓リノベ」と「子育てエコホーム」は、どちらも補助額の合計が「5万円以上」で申請をすることができます。

    つまり、補助額の合計が「5万円以下」の場合、補助金はもらえません・・・。

     

    ただし、あきらめるのはまだ早いです。

    ここで「3つの補助事業を併用できる」を活用して、5万円のハードルをクリアする方法を2つご紹介します。

     

    5万円のハードルをクリアする方法 その①

    1つめは、窓リフォームをして、補助率の高い「先進的窓リノベ」側で、補助額の合計の「5万円以上」をクリアする方法。

    最も簡単に窓リフォームができる内窓設置なら、庭やベランダに出入りできる大サイズ(2.8㎡)で68,000円、トイレや洗面所の窓の小サイズ(1.6㎡)で29,000円、の補助金がもらえます。

    内窓を1~2ヶ所ほど設置すれば、追加の内窓工事代より、もらえる補助金額の方が多くなる場合が多いです。

    家の断熱性能がアップして、暑さ・寒さ対策にも、光熱費を抑える効果にも繋がりますよ。

     

    5万円のハードルをクリアする方法 その

    2つめは、補助額の多い「給湯省エネ」で、給湯器を対象機種のエコキュートにすること。

    各エコキュートのメーカーで対象機種と補助額が決まっていて、「10万~13万円」がもらえます。(※電気温水器からの交換の場合、さらに+5万円)

     

    「先進的窓リノベ」か「給湯省エネ」のいずれか、もしくは両方で「5万円以上」をクリアして、併用して申請することで、「子育てエコホーム」側の申請条件を「2万円以上」に下げることができます。

     

    ここは非常に重要なポイントなので覚えておきましょう!!

     

    その③ 子育てエコホームでもらえる補助金を増やす方法

     

    子育てエコホームは幅広いリフォーム工事に対応

     

    「子育てエコホーム」には、「必須工事」と「任意工事」があります。

     

    必須工事:省エネ改修

    • a.開口部の断熱工事(窓交換・内窓設置など)
    • b.外壁・屋根・天井または床の断熱工事
    • c.エコ住宅設備の設置(ユニットバス・トイレ工事など)

     

    任意工事

    子育て対応改修・バリアフリー改修をいいます。

    • ビルトイン食洗器
    • 浴室乾燥機
    • 手すりの設置
    • エアコンの設置 など

     

    ひとつ前の②で「先進的窓リノベ」か「給湯省エネ」を活用して、「子育てエコホーム」側の申請条件を「2万円以上」に下げる方法をご紹介しました。

    結果として、幅広く「子育てエコホーム」の補助金をもらえるようになります。

     

    必須工事の「エコ住宅設備の設置」の補助額

     

    こちらが「子育てエコホーム」の必須工事の「エコ住宅設備の設置」の補助額の一覧になります。

     

    「子育てエコホーム」側で「2万円以上」の補助金申請額になる、おすすめリフォーム工事をご紹介します。

     

    リフォーム工事の補助金(例)

    ■ユニットバスへリフォームする■

    「必須工事」のうち「エコ住宅設備の設置」の「高断熱浴槽」で30,000円が補助金の対象

    ■トイレのリフォームをする■

    「必須工事」のうち「エコ住宅設備の設置」の「節水型トイレ」で20,000円が補助金の対象

     

    以上のように、ユニットバスのリフォーム工事だけか、トイレのリフォーム工事だけの際にも、「先進的窓リノベ」か「給湯省エネ」と併用申請することで、補助金の対象とできるので申請のハードルがぐっと下がります。

     

    子育てエコホーム単独で申請する場合、ユニットバスだけのリフォーム工事、トイレだけのリフォーム工事、の場合、申請補助額が5万円を超えないため、補助金がもらえません。

     

    「必須工事」の条件をクリアすると、さらに「任意工事」ぶんの補助金もプラスされます。

     

     

    人気の任意工事(例)

    ■ユニットバスへリフォームする■

    「任意工事」のうち「子育て対応改修」の「浴室乾燥機」の採用で23,000円が補助金の対象

    「任意工事」のうち「バリアフリー改修」で、「出入り口の段差解消」で7,000円、「手すりの設置」で5,000円がそれぞれ補助金の対象

    ■システムキッチンにリフォームする■

    「任意工事」のうち「子育て対応改修」の「ビルトイン食洗機」の採用で21,000円が補助金の対象

     

    このように、「先進的窓リノベ」を活用して窓リフォームを組み合わせることによって、もらえる補助金がアップ。

    賢くおトクにリフォームすることができるので、3つの補助事業をうまく活用していきましょう!!

     

    住宅のリフォームの大型補助金【2024年版】に関するよくある質問

     

     

    補助金ってどうしたらもらえるの?

     

    リフォームをしたい住宅の所有者(私たち)が、リフォーム業者(リフォーム会社・工務店・ハウスメーカーなど)に工事を発注(工事請負契約)をして行う、リフォーム工事が対象となります。

     

    ポイント

    • 必ず工事請負契約書が必要です。
    • リフォーム業者は、補助金事業の登録事業者である必要があります。
    • 補助金は、住宅の所有者(私たち)に還元されることを条件に、国からいったんリフォーム業者へ支払われます。

     

    つまり、リフォームの工事請負契約書を結ばない、補助金事業に登録していない、リフォーム業者へ工事を依頼すると、補助金の対象外になる場合があるので、よく確認しておきましょう。

     

    2024年の補助金はいつから申請できるの?

     

    補助金の交付申請の期間は「2024年3月31日から予算が上限に達するまで」です。

     

    補助金の対象となるリフォーム工事は、2023年11月1日以降に契約して対象工事(断熱窓への改修を含むリフォーム工事全体をいう)に着手して、2023年12月31日までに工事が完了するものが対象となります。

     

    2023年11月1日~2024年3月30日のリフォーム工事も対象になる

     

     

    2023年の補助金が予想よりも早く、予算の上限に達したため、補助金をもらえない人が多くでてしまいました。

    そのため、2023年11月1日~2024年3月30日の期間に行われたリフォーム工事も、2024年の補助金での申請ができるよう計画されたため、補助金の対象になる場合があります。

    あきらめずに補助金の申請をしましょう。

     

    リフォームの補助金は最大いくら出ますか?

     

    国の予算で2024年度の補助額は「子育てエコホーム支援事業」(国交省・予算額2100億円)、「先進的窓リノベ事業」(環境省・1350億円)、「給湯省エネ事業」(経産省・予算額580億円)、と多くの予算が確保されています。

    それぞれの補助金の最大は、先進的窓リノベ事業(上限200万円)、子育てエコホーム支援事業(上限20万円、子育て・若者夫婦世帯は上限30万円、既存住宅を購入してリフォームなら上限60万)、給湯省エネ事業(エコキュートで上限18万円)です。

    いずれも魅力的な補助額で、うまく活用して最大限を獲得したいですね。

     

    ただし、最大をもらうためには、それだけ工事個所が多く増える必要があるため、上限はあくまで目安として考えましょう。

     

    2024年の窓リフォームの補助金はいつ終了しますか?

     

    万が一、予算の上限に達しなくても2024年12月31日まで、で終了します。

    2023年のリフォームの補助金は、「こどもエコすまい支援事業」が2023年9月末で予算上限に達して終了しました。

    それぞれの補助金とも、昨年より予算アップをしているので、多くの人に割り当てられそうですが、認知もされているので、リフォーム工事が終わったら、すぐに申請をおすすめします。

     

    2024年の補助金は誰に相談したらいいの?

     

    リフォーム会社・工務店・ハウスメーカーなどに、リフォーム工事の打合せとセットで、補助金を使いたい、という相談からはじめましょう。

    2023年の補助金とほぼ同じ内容なので、補助金に慣れているリフォーム業者であれば、気軽に相談にのってくれるはずです。

     

    ただし、補助金が関係するリフォーム工事は、リフォームの工事期間の調整や、写真撮影や書類作成の手間などが増えるため、ぶっちゃけていうと・・・通常のリフォーム工事よりも面倒くさいんですね。

    なので、そういう手間を面倒くさがって、補助金が出る対象のリフォーム工事なのに、いわずに工事してしまうリフォーム業者や、そのぶん値引きするので補助金は使わない、などいう業者も中にはいます。

     

    いずれにしても、せっかくもらえる補助金ですから、もらっておきたいですよね?

     

    リフォーム業者を選ぶ時の目安として「2023年にこどもエコすまい支援事業の登録事業者でしたか?」と確認してみましょう。

    さらに、補助金申請は大変な手間なことを知っておいて、リフォーム業者への感謝もあるとよりいいですね。

     

    誰にリフォームの相談をしたらいいかわからない・・・

     

     

    「誰にリフォームの相談をしたらいいかわからない・・・」「リフォーム業者の知り合いがいない・・・」

    そんな人は、地元のリフォーム会社を最大8社、紹介してくれる「ホームプロ」を利用しましょう。

    ホームプロ」は、2001年からサービスを開始した日本初の「リフォーム会社紹介サイト」で、すでに90万人以上が利用しています。

    無料で利用できるし、匿名で申込みできて、相見積もりでリフォーム代金の比較もできて安心。

    複数社の中から、予算や条件がぴったり合う、1社が見つかるはずです。

     

    \ カンタン3ステップで最大8社ご紹介 /

    【無料&匿名可】ホームプロで地元の優良会社を比べて選ぶ

     

    どうすれば賢くお得にもらえる?リフォーム・リノベーションの大型補助金|住宅省エネ2024キャンペーンまとめ

     

     

    今回は、キッチン・浴室・トイレのリフォーム・リノベーションの時、どうすれば賢くお得にもらえる?リフォーム・リノベーションの大型補助事業「住宅省エネ2024キャンペーン」を徹底解説してきました。

     

    こんな方におすすめ

    • 家の中を快適にする断熱リフォームを考えている人
    • いま使っているお風呂やキッチンが古くなったので新しくしたい人
    • 家のリフォーム、リノベーションを検討している人

     

    この記事を最後まで読むとできるようになったこと

    • 窓やドアの断熱リフォームで、どうすれば補助金をもらえるか?わかった
    • ユニットバスやシステムキッチンのリフォームで補助金をいくらもらえるか?わかった
    • どんなすれば賢くおトクに補助金をもらえるのか?わかった

     

    知らないと損な補助金なので、窓や玄関のリフォーム・リノベーションを検討している人は、住宅省エネ2024キャンペーンの3つの補助事業「窓リノベ」「子育てエコホーム」「給湯省エネ」の補助金を活用して、「家の断熱リフォーム・エコリフォーム」をしましょう!!

     

    \先進的窓リノベ事業について詳しく/

    こちらもCHECK

    最大200万円 知らないと損?窓・玄関ドアのリフォーム・リノベーションでもらえる大型補助金【2024年版】 アイキャッチ
    知らないと損?窓・玄関ドアのリフォーム・リノベーションでもらえる大型補助金|先進的窓リノベ2024事業

    リフォーム・リノベーションの時、断熱窓の補助金制度を活用して「省エネ性が高い断熱リフォーム・断熱リノベーションをする方法」を徹底解説

    続きを見る

     

    \子育てエコホーム支援事業について詳しく/

    こちらもCHECK

    知らないと損?キッチン・浴室・トイレのリフォーム・リノベーションでもらえる大型補助金【2024年版】 アイキャッチ
    知らないと損?キッチン・浴室・トイレのリフォーム・リノベーションでもらえる大型補助金|子育てエコホーム

    ユニットバスやシステムキッチンにリフォーム・リノベーションする時、お得な補助金制度を活用して「家の断熱リフォーム・エコリフォーム」する方法を徹底解説

    続きを見る

     

    \給湯省エネ事業について詳しく/

    こちらもCHECK

    知らないと損?エコキュートの買い替え・リフォームでもらえる大型補助金【2024年版】 アイキャッチ
    知らないと損?エコキュートの買い替え・リフォームでもらえる大型補助金|給湯省エネ2024事業

    給湯器が故障した時、リフォーム・リノベーションの時、給湯器の補助金制度を活用して「省エネ性が高い給湯器へお得に買い替えする方法」を徹底解説

    続きを見る

     

    参考になった・お役にたったら

    \\ ツイート ・ シェア を お願いします //

      • この記事を書いた人
      • 最新記事

      さとし

      ゼロからできるブログ運営・X運用・仮想通貨の始め方を発信|さとしブログの運営と会社員している2児のパパ│会社員だけの人生でいい?→ブログとX運用に挑戦→ブログ最高月収10万→Xフォロワー1万人│一歩踏み出したいあなたのきっかけになりたい|40代でもできる!僕と一緒に挑戦と新しい体験をしよう!!